USBのwifiアダプタで通信が切れる

うちでは1階に録画サーバを設置し、2階のwi-fiアクセスポイントと802.11acの5GHz接続で通信する構成になっているのですが、毎日のように通信が切断する事象が発生。wifiアダプタをUSB端子から抜き差しすると復活するのですが、いちいちめんどくさい。

スマホのwifi-analyzerなど見ても干渉波はなく、なんとなくwifiアダプタの問題なのかなあとドライバ最新化やUSBのサスペンド機能offなどのひと通りのことをやってみるも改善せず、結局買い換えることにしました。

    

買ったのは、Amazonで検索して上位に出てきた、caranteeとかいう無名メーカーのもの、2200円也。前に使っていたのはプラネックスのGW-450D KATANAという型番でした。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PHMMY98

さて、wifiアダプタを新しいものに差し替えると、windows10でドライバが自動的に適用され、入れ替えはいとも簡単に終了しましたが、翌日になるとつながらなくなり、USBを抜き差しすると復活するという前と全く同じ事象に逆戻り。
GW-450D KATANAは無実で、トラブル事象は完全にうちの環境依存でした。2200円損した。

入れ替え後PCでデバイスマネージャーを見てみると、caranteeなにがしの正体はRealtek 8812BUという型番、Realtekのサイトでベンダーから供給されている最新ドライバを当て、USB省電力周りの設定をあらためて確認しました。

  

設定周りは特に問題なし。
ドライバを入れ替えたので一旦様子見するも、数時間でまた同じようにwifiが切断し、USB抜き差しで復活・・・

wifiルーターが1台余っているので、それを子機モードにしてUSBのアダプターはやめようかなとも考えましたが、他になにかできることはないかとgoogle検索していると、HSBハブにwifiアダプタを差すと通信が切れるという書き込みがあり、もしやと思いUSBの差し込み口をPCケースフロントパネルの端子から裏面のマザーボード直挿しに変更しました。

すると1日経ってもwifiの切断は発生せず、ビンゴか?
ともあれこれで一旦経過観察です。

フロントパネルのUSB端子は、長さ15cmほどのケーブルを経由してマザーボードに差さっており、中でケーブルがノイズを拾っていたのでしょうか。
確かにちょっと考えてみればありうる話ですし、USBの差し込み口を替えるというお手軽な変更は最初に試すべき内容で(フロントパネルの2つの口の左右差し替えはやっていた)、あれこれ時間をかけてお金までかけた上でこのオチはなんともプチ高い授業料となりました。

追記(2019/7/27)

その後、知らない間にWi-Fiが切れる事象は収まったものの、リモートサーバのHDD上の動画閲覧などネットワーク負荷がかかるとWi-Fiが切断するようになりました。
かなり頻繁に切れるため、前のほうがマシだと思いwifiアダプタを元の製品(GW-450D KATANA)に戻しました。
すると、1週間経っても一切途切れることなく、通信が安定するようになりました。

久々にカニ(Realtek)のLANデバイス使いましたが、あいかわらずのウ◯コでした。
(※ちなみに現在、Realtekのサイトで最新ドライバをダウンロードするにはメールアドレスの入力を必須で求められます。すなわち、ドライバダウンロードと引き換えに、ユーザーはスパムメールを強制的に受け取ることになっていますのでご注意ください。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする